信用情報削除&回復、事故情報・ブラックリスト除名、横山法律事務所の評判・評価・口コミ・体験談・利用者の感想と実体験

信用情報の早期解消&取り戻し「横山法律事務所」の評判・評価・口コミから実際に利用した方のリアルな感想や体験談

目次

「クレジットカードの審査に落ちてしまう」
「車を買おうと思ったらローンが組めなかった」
そんな時の原因として上げられるのが「信用情報」である。

ローン会社やクレジットカード会社が新規の顧客登録を行う際、この「信用情報」を元に借入れ審査をしている。
「信用情報」に悪い情報が登録されていると、お金を貸し付けることができないと判断され上記で挙げたようなトラブルが発生するのだ。

しかし、直近に債務整理を行ったわけではないのにローンが組めない、というケースもある。
実はこの場合信用情報に過ちがあることも珍しくないのだが、「間違っています」と指摘して簡単にブラックリストを取り下げてもらえるものではない。
この場合の対処はどうすればいいのだろうか。

今回はそんな「信用情報」に関わるトラブル解決を得意とする横山法律事務所を紹介する。
お金が直接関わる問題であるため、信用情報の回復やブラックリストからの除名などの早期解消&取り戻しについては、弁護士にお問い合わせをするのが安心である。
実際に利用した人の口コミや評価、体験談も紹介しつつ、横山法律事務所のメリットデメリットも含めて解説していこう。


「信用情報」とは?

信用情報とは

そもそも「信用情報」とは何かを簡単に説明しよう。

信用情報とは、消費者のクレジットカードやローンの支払い状況を示すもので、信用情報機関によって登録・管理されている。
クレジットカード会社やローン会社はこの信用情報を元に借入れ審査を行うので、簡単に言えば「消費者本人がきちんと支払いを行う能力があるかどうか」「ローンやクレジットの利用過多はないか」を客観的に判断するための情報である。

信用情報に登録されているのは以下のようなものだ。

  1. 本人を識別するための事項
    氏名、生年月日、郵便番号、住所、電話番号等
  2. 取引事実に関する事項
    契約の種類、契約年月日、商品名、契約額、支払回数、入金履歴、残債額等
  3. 申込内容に関する事実
  4. 本人申告コメントなど

引用:一般社団法人 日本クレジット協会

信用情報が登録される信用情報機関は日本には3つある。

  1. JICC=日本信用情報機構(主に消費者金融・クレジットカード)
  2. CIC=シー・アイ・シー(主に信販・クレジットカード)
  3. KSC=全国銀行個人信用情報センター(主に銀行)

クレジットカード会社や消費者金融、銀行といった金融機関はこの上記のいずれかに加盟しており、審査時などに信用情報機関から信用情報をチェックして判断しているというわけだ。

信用情報に事故情報(ブラックリスト)が登録されると?

信用情報に事故情報が登録されてしまうことを、世間的に「ブラックリストに載る」と言うことがある。

  • 支払いの遅延
  • 債務整理(自己破産・民事再生・任意整理・特定調停)を行った
  • 携帯電話の分割払いの遅延
  • 短期間に複数のクレジットカードやローンに申し込んだ(多重申し込み)

このようなことがあると信用情報に事故情報として登録されてしまうのだ。

その結果、下記のようなトラブルが発生する。

  • クレジットカードの審査に落ちる
  • ローンが組めない(住宅、車など)
  • キャッシングができない
  • 携帯電話やスマホの分割払いができない
  • 賃貸物件の契約が断られてしまう
  • ETCカードを使えない

ブラックリストと言う言葉は正式な名称ではないが、文字通り「要注意人物」と思われてしまうということである。

信用情報に記載された事故情報(ブラックリスト)は消せないの?

ブラックリストに載ってしまったら一生消えないのかというと、そうではない。
信用情報に悪い情報が記載されてしまっても一定の期間が経過すると自然と消滅するようになっている。

事故情報が消えるまでの期間は信用情報機関によって異なっている。

例えば債務整理を行った場合と、クレジットカード等の支払いを延滞した場合の事故情報については下記の表の通りだ。

<債務整理を行った場合>

信用情報機関 任意整理 個人再生 自己破産
日本信用情報機構(JICC) 5年 5年 5年
シー・アイ・シー(CIC) 5年 5年 5年
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 5年 5年 10年

<クレジットカードや電話料金の支払いを延滞してしまった場合>

信用情報機関 61日以上 3ヶ月以上 強制解約
日本信用情報機構(JICC) 1年 5年 5年
シー・アイ・シー(CIC) 5年 5年 5年
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 5年 5年 10年

この期間内に新たに借入をしたり、返済中の支払いを延滞したりといった事故情報を増やさなければいわゆるブラックリストからは除名され、再びローンを組んだりクレジットカードを持つことができるようになる。

債務整理や延滞等で事故情報が書き込まれてから大体5〜10年をが目安だと考えておけば良い。

信用情報が間違っているというトラブルも

「借金は返済したはずなのにローンの審査が通らない」というトラブル。
実はこれは、実際には債務がないのに信用情報には残ってしまっているというケースということも考えられる。

  • 5年以上返済が遅延していて裁判所に訴えられていない。
  • 裁判所に訴えられていても10年以上経過している。
  • 2003年以前から5年以上年利18%を超える利息の返済をした。
  • 破産免責から5年以上経過している。

上記のような条件を満たしていれば本当であれば事故情報はなくなっているはずだ。
それでも審査が通らない、ローンが組めない場合は事故情報が消えていない可能性がある。
信用情報は信用情報機関に開示請求をすることができるので、不安な場合は確認をしてみると良い。

掲載されている事故情報が間違っており、すでに消去されているべきだということであれば、その信用情報は回復できる可能性がある。

信用情報の開示は信用情報機関のサイトからも可能だ。


信用情報の削除、ブラックリストの除名は誰に頼むのが最適?

横山法律事務所_信用情報の削除は独自のノウハウが必要

債務整理から所定の期間が経過しているのに事故情報が消えていない場合、本人が「間違っていますよ」と申告したところでその情報は簡単に消すことは不可能だ。

その場合は信用情報の回復を行うのだが、法律的な知識や高い交渉技術が必要とされるため、消費者本人が単独で行うのはほぼ無理だと言っても過言ではない。

つまり、この場合は法律に強い弁護士に依頼するのが一番ということになるのだが、実は信用情報の削除はどの弁護士に依頼しても確実に解決できるというわけでもない
弁護士と言えども専門分野や得意分野は人それぞれであり、信用情報の削除は独自のノウハウが必要な作業なのだ。
よって、もし依頼するのであれば信用情報早期解消&取り戻しに関する知見および金融関係の知識を豊富に持った弁護士を選ぶ必要がある。

「○○万円の手数料で信用情報を削除しますよ」は悪徳業者かも

「手数料を払えば信用情報を削除する」「ブラックリストから削除できる」という話を持ちかけられるという話も聞かれる。
しかし、事故情報はお金を払って削除できるものではない。
上記のような勧誘や宣伝をされた場合、これは100%詐欺、悪徳業者だと考えて良い

特に、まだ信用期間の回復の所定期間を過ぎていないにもかかわらず「すぐに消去できる」と言ってくる場合は即関係を経つべきである。
信用情報機関は経済産業省の認定を受けた組織であり、その組織が保持する情報は正確で信憑性が高いものでなければならない。
事故情報が正しいものであれば一債権者の都合でそれを消去することはできないのだ。

法律に詳しくない一般人からお金を巻き上げる手口なのでくれぐれも注意しよう。


借金問題に強い!横山法律事務所の概要をご紹介

信用情報の削除・回復やブラックリストからの除名に関しては、成功実績のある借金や金融の問題に強い弁護士に依頼するべきだということはお分かりいただけただろう。

横山法律事務所はまさに借金問題に強い弁護士のいる法律事務所であり、今回のテーマである「信用情報の早期解消&取り戻し」という依頼に対して最適である。

下記で詳しくご紹介したい。

横山法律事務所の概要と提供内容

会社名 弁護士法人 横山法律事務所
代表弁護士 横山 晃崇
住所 渋谷オフィス
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-11-8第3ミネギシビル4階
電話番号 0120-007-478
対応営業時間 電話:10:00~22:00
メール、問い合わせフォーム、LINE:24時間受け付け
相談料金 無料
ご依頼費用・金額 実際に依頼となった場合には、委任契約の実施⇒料金は都度お見積り
対応地域 全国対応

渋谷にオフィスを構える横山法律事務所。
「気軽に相談して欲しい」という思いから、電話は毎日10:00~22:00、メールや公式サイトからの問い合わせフォーム、LINEなどは24時間受け付けている。
様々な相談方法を設けることで、依頼者のやりやすい方法に合わせた対応が可能だ。
WEBのフォームからは空欄を埋めていくことで簡単に相談内容を伝えられるので、電話が緊張するという方や、メールがうまくまとめられないという人は利用すると良いだろう。

相談は何度でも無料であり、不安に思うことがあれば納得いくまで何度も話すことができる。

借金問題に強く、独自のノウハウを用いて多くの信用情報を回復してきた弁護士が所属しており、安心して依頼することができる法律事務所である。


こんなケースで悩んだら横山法律事務所に相談しよう

横山法律事務所では、信用情報の回復、事故情報(ブラックリスト)の除名・削除をはじめとし、そこから派生する様々なお金の悩みの解決が可能だ。

下記のようなことで悩んでいる人は、ぜひ一度無料相談を利用してみて欲しい。

  • 住宅ローンを組みたい方
  • 自営業で運転資金を借り入れしたい方
  • クレジットカードが必要な方
  • 車のローンを組みたい方
  • 家賃の住宅保証協会へ加入したい方
  • 返済しないで借金を帳消しにしたい方
  • 金融業者から逃げ回るのに疲れた方
  • 延滞し完済したが5年以上延滞情報が載っている方

オフィスは渋谷だが、電話やメール、そしてビデオ面談など様々なリモートでの打ち合わせが可能なので全国どこからでも依頼できる。


横山法律事務所への相談・依頼から完了までの実際の流れ

信用情報の削除、ブラックリストの除名について横山法律事務所へ相談・依頼した場合の流れは下記の通りである。

  1. 電話、メール、専用フォーム等で問い合わせ
    電話は毎日10:00~22:00、メールや専用フォームからの問い合わせは24時間対応
  2. 無料相談
    相談は何度でも無料
  3. 見積もり
  4. 入金・契約
    正式に以来となった場合は入金を持って委任契約を締結
  5. 法的な手続き方法の提案
    状況を詳しくヒアリング後、最適な方法を提案してくれる
  6. 信用情報回復の事務作業
  7. 結果の報告
  8. 信用情報の開示請求
    心配であれば念のため自分自身で信用情報を開示請求して確認してみよう
  9. 信用情報回復の完了

まずは無料相談をし、納得してから依頼ができるのも安心だ。
見積もりが出てから契約の締結へ進むため、支払い金額に関してもきちんと理解して話を進められるので後から高額請求が来るということもない。

いざ信用情報回復の作業が始まってしまえば、煩雑な事務作業も全て横山法律事務所側で行ってくれるので依頼者側は結果の報告まで待つのみだ。


横山法律事務所のメリットとデメリット

【特徴や強み】横山法律事務所のメリットとおすすめな理由

信用情報回復の実績を多数持った、金融関係に強い弁護士が担当してくれる

上記で解説してきたように、信用情報は消費者だけでなく貸付を行う金融機関側にとっても大切な情報であり、簡単に変更や消去ができるものではない。
そして弁護士資格がある人なら誰でも確実に信用情報の回復に成功するとも言い切れないのである。
しっかりとした法的な知識をもち、高い交渉力を持った弁護士が手続きに当たってくれるからこそ、安心して任せられる案件だ。

横山法律事務所は金融関係に知識が深く、信用情報削除やブラックリスト除名の実績が多数ある弁護士が担当してくれるので何も心配はない。

相談は無料、打ち合わせの方法も依頼者に合わせて多数用意されている

弁護士への相談というと「こんなことで相談して良いのか」「相談でも費用がかかるのでは」とハードルが高いイメージがある。

横山法律事務所は、困ったら気軽に相談して欲しいという思いから無料で受け付け、依頼に至るまで費用がかかることがない。

また、問い合わせ窓口は電話、メール、専用フォーム、LINEなど多数用意されており、依頼者の使いやすい物を選ぶことができる。
電話が苦手という人や受け付け時間に忙しくて連絡ができない人でも、メールや専用フォーム、LINEであれば24時間いつでも大丈夫だ。

日本全国どこからの依頼でも対応

横山法律事務所は渋谷にオフィスを構えているが、問い合わせから相談、完了報告まで電話やメール等で連絡を取り合うことになるので「渋谷には行けない」という人でも依頼可能である。
つまり日本全国どこからでも依頼を受け付けているので、例えば地方の弁護士事務所に依頼してサジを投げられた案件でも相談できる。

もちろん、関東に居住していて直接面談をしたいという人はオフィスに出向いて弁護士と話すことも可能だ。

最短1ヶ月で信用情報が回復したというスピード対応の実績も

横山法律事務所_最短1ヶ月で信用情報が回復したというスピード対応の実績

信用情報の回復は基本数年単位で時間がかかってしまうものだ。
しかし、条件が揃えば横山法律事務所であれば高い交渉力と独自ノウハウで信用情報が回復したという実績もある。

できるだけ急ぎで結果を出したいという人はまずその旨を伝えて相談してみる価値はあるだろう。

【注意点】横山法律事務所のデメリット

デメリットを挙げるとすると、信用情報の回復やブラックリストの削除は「即時」「確実」ではないという点だ。

案件によっては非常に難易度が高くなることもあり、その場合当初思っていたよりも時間がかかったり、期待していたような結果が出ないことも考えられる。

また、条件が揃っていないと信用情報の中身は変更することはできない。
もし、依頼者本人が無意識のうちに借入をしていたり、返済中の支払いを延滞して事故情報を増やしてしまうと、せっかく弁護士に依頼しても無駄になってしまう可能性もある。

  • 支払いを延滞しない
  • 携帯端末の分割払いを滞納しない
  • 金融機関だけではなく友人や知人からも借入をしない

基本的なことではあるが、新たな事故情報を増やさないことが大切だ。


横山法律事務所の信用情報削除に関する評判・評価・口コミ

横山法律事務所の信用情報削除にツイートをご紹介

SNSにおける横山法律事務所の評判・評価・口コミ投稿

さらに詳しくSNS・Twitter上で横山法律事務所の評判・口コミ投稿を下調べしたい場合、以下のリンクから確認できる。
「横山法律事務所」のTwitter(ツイッター)検索結果


横山法律事務所のまとめ・結論

今回は信用情報の回復やブラックリストからの除名について解説し、その手続きを行ってくれる横山法律事務所をご紹介した。
専門性の高い業務は、やはりその分野に対して豊富な知識を有した弁護士に相談するのが一番だ。

「返済完了から5年以上経っているのにローンが組めない」
「ブラックリストからはもう除名されているはずなのに借入審査に通らない」
「破産から5年以上経過しているのに事故情報が消えていない」

そんな悩みを持つ方は、まずは一度横山法律事務所の公式サイトから問い合わせてみよう。
メールや専用フォームからであれば24時間対応なので、忙しい人でも空いた時間に連絡をとることができる。
借金問題に強い弁護士が無料相談に乗ってくれるので、悩みを引き摺る前に早めに行動するのがスムーズな問題解決への第一歩だ。


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事