退職代行を依頼するベストなタイミング・時期はいつ頃がおすすめ?【転職しやすい時期やボーナス支給直後】

退職代行、いつ使おう?仕事を辞めるのに最適な時期とは

退職代行は本人の代わりに会社へ退職意思を伝えてくれるサービスです。
多くの業者が謳っている様に「即対応、即日退社」を売りにしており、辞めると決心したらすぐに退職ができるというスピード感が高く評価されています。

しかし、「いつでも辞められる」という状況だからこそ、「いつ退職代行を使うか」という迷いも生じます。
選択肢が広がるほど、人は悩んでしまいがちです。

せっかく意を決して退職するのであれば、できるだけ後悔がなく、かつ自分にとってメリットが多いタイミングで辞めたいものです。

今回は退職代行を使うにあたり、どんな時期を選ぶのが最適なのか具体的な理由とともに解説していきます。
仕事を辞めたいけれど、辞めどきが見極められない方はぜひ参考にしてみてください。

【当サイトおすすめ!!】今すぐ退職代行を使いたい方⇒人気№1のSARABAへ
人気№1の退職代行業者は、SARABA(サラバ)
退職代行_saraba_HP_FV20201225 SARABAは、労働組合が運営する退職代行。 有給や退職金の交渉も可能、激安・格安25,000円(税込)!!

詳細・解説【口コミ・評判】 無料相談・お申込みはコチラ



辞めたいときが一番の辞めどき!だけど、利用時期による意外な後悔も

仕事の最適な辞めどきはいつか。
それは「仕事を辞めたいと思った時」で間違いありません。

特に、ブラック企業で過酷な労働を強いられたり、パワハラやいじめが横行する様な最悪な職場環境で心身をすり減らしている人はできるだけ早めに退職代行を使ってでも辞めるべきです。
うつ病など精神的な病を発症してしまうと治療も社会復帰も大変ですので、精神的に完全に参ってしまう前に一刻も早く退職の決心をするのが一番です。
退職代行であれば「今日にでも辞めたい!」という依頼でも対応可能ですので、辞めるタイミングを逃すこともありません。

しかし、多少辞めるタイミングを考慮する余裕がある場合は、依頼する前に一度冷静に考えてみることをおすすめします。
退職代行を使う、使わないにかかわらず、退職時期に関しては「こうすればよかった」「少し我慢してでも○月までいればよかった」という様な後悔がよく聞かれるからです。

退職時期に関する後悔の声

焦って退職したせいで、辞めた後にちょっとした後悔が残った…というのは珍しい話ではありません。

  • ボーナスをもらってから辞めればよかった
  • 転職に適していない時期に辞めたせいで転職活動に苦労した
  • 会社の繁忙期に辞めてしまい、必要以上に心象を悪くしてしまった

辞めることが最優先事項だったとはいえ、後からモヤモヤと考えるよりもできることなら後悔なく退職したいですよね。

それではどういった時期に合わせて退職代行を使うべきか、次項から詳しく解説していきます。


ボーナスは貰っておきたい…そんな人の退職代行のベストタイミングは?

ボーナス支給のある会社に勤める人であれば、当たり前ですがボーナスをもらってから辞めた方がお得です。
支給額は会社や役職によってまちまちとはいえ、小額であっても退職後の生活費や転職活動の費用として必ず役に立ちます。

ボーナスは多くの場合6〜7月と12月の2回支給されます。
よって、ボーナスを受け取ってから退職代行を使うとしたら、7〜8月もしくは1月が最短。
少し長めに見ても7〜9月と1〜2月が辞めどきと言えます。

ボーナスの支給条件は会社の就業規則に記載されています。
「○月○日時点で会社に在籍していること」「ボーナス支給日に在籍していること」というように規定がありますので確認してみましょう。

注意!会社によってはボーナスが減額されるケース

就業規則にある条件を満たしていれば問題なく支給されるのですが、注意が必要なケースもありますのでご紹介します。

例えば「ボーナス支給日1ヶ月前時点で在籍していること」を支給条件としている会社で退職代行を使うとします。

ボーナス支給の条件は満たしているし、1日でも早く辞めたい…とボーナス支給日の2週間前に退職代行を使った場合、実はボーナスが減額されるリスクがあるのです。

ボーナス(賞与)とは、法律上必ず支払わなければならないものではなく、会社ごとにルールを定めることができるものです。
つまり、会社によっては支給条件を満たしていても「但し、ボーナス支給日までに退職したものについては勤務日数によって減額する」というような決まりを設けている場合もあるのです。

支給条件を満たしているからと安心してもらう前に辞めてしまうと、減額で損をすることもありますので事前に就業規則を確認しておくことが大切です。

もちろん、一度支給されたボーナスを「支給日直後に退職したから返せ」と言われることはありません。
ボーナスが振り込まれたことを確認してから退職代行を実行するのが一番安心ですね。


スムーズに転職したい!転職活動に最適な時期に合わせて退職代行するには

退職と転職は切っても切れない関係であり、退職代行を使うからには転職活動も意識しなければなりません。

新卒採用と違い中途はいつでも転職はできますが、ここにもやはり「転職しやすい、しにくい」という時期が存在します。

企業側があまり積極的に採用を考えていない時期に転職活動を頑張っても、なかなか努力が身を結ばずに苦戦する可能性が高くなります。
できれば企業側の求人のニーズにあったタイミングで退職代行を実行し、スムーズに転職が決まるのが理想です。

採用が活発化するのは4月・10月の前

日本の企業は年度の始まりを4月にしていることがほとんどです。
そして一年の中で4〜9月の上半期、10月〜3月の下半期というように半分に分けて、前半後半で体制の見直しを行うことが多いですね。

この年度の切り替えと半期のまとめの時期に採用を行い、キリが良い状態で新しい人材を入れてスタート切りたいというニーズから、3月と9月前後は中途採用の求人が増える傾向があります。
転職活動において、選択肢は多ければ多いほど有利ですのでこの採用ニーズが高まる時期が狙い目と言えます。

よって、転職活動が1ヶ月ほどかかることを想定して1〜2月、7〜8月に退職代行実行の狙いを定めるのがおすすめです。

退職代行なら退職後の転職活動サポートも!

採用のニーズが高まっているとはいえ、転職活動はなかなか簡単にうまくいくものではありません。
特に退職代行を使うほど精神的、身体的に疲れている人であれば転職活動への不安が募るのも当たり前です。

ここでおすすめしたいのが、退職代行による転職サポート。
業者によっては、退職代行の利用者に引き続き無料で転職活動のサポートを提供しています。
プロによる退職のあとは、今度は転職のプロによる支援が受けられるという手厚いサービスです。
追加料金がかかるわけではないので、スムーズな転職を希望している方は転職サポートのある退職代行業者を選んでおくと安心ですね。


できるだけ円満に辞めたい…そんな時期を見極めるポイント

退職代行を使ってなんとか仕事を辞められても、「退職の時期が悪い」などとぐちぐちと悪口を言われ続けるのは気持ちの良いものではありません。
しかし会社側からしても決算月や月末の締めのタイミングなど、とにかく忙しい時期にいきなり退職代行で辞められたら、確かに文句の一つも言いたくなります。
辞める側も会社側も双方できるだけ遺恨を残さずに終わらせるには、辞めるタイミングはやはり大切です。

会社からのイメージを大きく落とさないためには、辞める時期を見極めることが必要です。
そのためにチェックしたいポイントは下記の2つです。

  • 繁忙期を避ける
  • 仕事の区切りの良い時期にする

この2点についてご説明します。

繁忙期の退職は避けた方が良い

繁忙期というのは業種や会社によってまちまちなので一概に何月とは言えません。

その会社で数年働いている人ならば、大体何月ごろに忙しくなるかは体感でわかると思います。
しかしまだ一年も働いていない人であれば見極めが難しいかもしれません。

その場合は、一般的に決算月と言われる月は月末にかけて忙しくなりますので、まずはその月を避けるのが良いでしょう。
年度が4月始まりの会社の場合は3月、6月、9月、12月が決算月となるケースが多いので、経理や事務関係の仕事をしている人であれば、特にこの月は避けておくのが無難です。

繁忙期に退職代行でいきなり人が辞めてしまうと、ただでさえ忙しい中で混乱が起きてしまい会社としては迷惑と感じてしまいます。
比較的業務に余裕がある時期を見極め、退職代行を使うようにするのは会社に対してのせめてもの誠意と言えます。

仕事のキリが良いタイミングで辞める

退職代行を使う場合、一般的な退職と異なり引き継ぎの期間がありません。
さらに出社せず即日退社なので、引継ぎ資料を作ったとしても満足な情報共有は難しいのが実情です。

ですので、受け持った仕事のキリが悪い時に突然退職代行を使ってしまうと、後任の人はとても大変な思いをすることになります。
そして後任者の仕事がスムーズに進まないと他の人も巻き込んでしまい、いろいろな業務に支障が出る可能性も。

そうなると「なんてタイミングで辞めてくれたんだ!」と会社から不満が噴出しても仕方ありません。

受け持った仕事がまだキリが悪いのであれば、後任者が困らない程度にはしっかりと終わらせてから辞めるようにすると、会社の負担は減らせます。
できるだけ円満な退社を希望するのであればこの点も気をつけましょう。


総合的に考えて退職代行におすすめなタイミング

「ボーナス」「転職活動」「円満退社」の3つのポイントについて、退職代行に適した時期を解説してきました。
ここで簡単にまとめてみます。

退職代行に適したタイミング
  • ボーナスをもらって辞めるなら7〜9月、1〜2月
  • 転職活動に重きをおくなら1〜2月、7〜8月
  • 円満退職したいのであれば、繁忙期と仕事のキリが悪いタイミングは避ける
  • 決算月は忙しくなることが多いので3月、6月、9月、12月を避けると無難

以上から見えてくるのは、2月と8月であれば総合的に見て条件を満たしているということです。
この2つの月を中心に前後一ヶ月が退職代行を使うタイミングとしてはおすすめと言えるでしょう。

会社は辞めたいけれど、時期に迷ってなかなか決められないという方はこの結果を参考に実行するタイミングを絞ってみてはいかがでしょうか。


まとめ:退職代行なら辞めたい時にすぐ辞められる!後悔しない時期を選んで利用するのが賢い使い方

退職代行を使う最適な時期について解説しましたが、本質的には「辞めたい時が辞めどき」です。
辞める時期を考えているうちに辞め損ねてしまい、ますます心身を病んでしまっては元も子もありませんので、我慢を続けるくらいであればすぐに辞めてしまいましょう。
退職代行であれば実行したその日に退社になりますので、「辞めたい」と思ったタイミングで辞められるのです。

ただ、後々に辞めた時期で後悔しないように退職を進めたいのであれば、少し退職時期について考えてからでも遅くありません。
いつでも辞めることができる退職代行だからこそ、タイミングを絞って使うのは賢い利用方法と言えます。

あなたの退職がより良い結果で終わるために、本記事が参考になれば幸いです。

人気の退職代行サービス業者はコチラ
人気№1の退職代行⇒SARABA(サラバ)
退職代行_saraba(さらば) SARABAは、労働組合が運営する退職代行。 有給や退職金の交渉も可能、激安・格安25,000円(税込)!!

詳細・解説【口コミ・評判】 無料相談・お申込みはコチラ


退職代行業者の人気おすすめランキング
日本国内全ての退職代行業者を比較した格付けランキングを掲載中。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事