毎朝憂鬱で家にいたい!会社・仕事に行きたくない時の気持ちの整理と対処法

仕事に疲れた、行きたくない…仕事にネガティブになった時の乗り切り方

目次

朝目が覚めて「今日も仕事か…」と憂鬱になるのは誰しもが経験したことがあるでしょう。
理由は人それぞれとはいえ、仕事に行きたくないという悩みを持つのは決して珍しいことではありません。
すごく好きな仕事をしていたり、憧れの企業で働いていても「今日仕事したくないなあ」という日は誰でもあるのです。

しかし、だからと言って仕事に対してネガティブな気持ちを持ったまま日々出勤して働くというのは良いものではありません。
モチベーションが低い時は業務のパフォーマンスも下がってしまうものです。
それに、つらいという思いを抱えたまま働き続けると心も疲れてしまい、精神的な問題から体を壊してしまうというリスクも。

今回は「会社に行きたくない」「仕事したくない」と気分が重くなってしまった時の解決法についてまとめてみました。
仕事のことを考えると憂鬱な毎日から抜け出したい!という方は是非試してみて下さい。

【当サイトおすすめ!!】今すぐ退職代行を使いたい方⇒人気№1のSARABAへ
人気№1の退職代行業者は、SARABA(サラバ)
退職代行_saraba_HP_FV20201225 SARABAは、労働組合が運営する退職代行。 有給や退職金の交渉も可能、激安・格安25,000円(税込)!!

詳細・解説【口コミ・評判】 無料相談・お申込みはコチラ



「仕事に行きたくない」理由ってどんなものがある?

まず大前提として、「会社に行きたくない」「仕事休みたい」と思うことを恥ずかしく思う必要はありません。

株式会社ビズヒッツの「仕事に行きたくない理由ランキング!男女500人アンケート調査」によると、仕事に行きたくないと思うことがある人は全体の91.2%。
年齢や性別、仕事の業界関係なく、なんと9割もの人たちが仕事に行きたくないと思っています

仕事に行くのが憂鬱だと感じるのは当たり前とも言える感情なのです。

それでは、どんな時に「仕事に行きたくない」と思うのか、アンケート結果も踏まえつつよく聞かれるものを挙げてみましょう。

職場の人間関係が悪い

人間関係というのは仕事に限らず、どんな場面でもよく悩みとして挙げられます。

ビズヒッツのアンケート結果でも155/456人が理由として回答し、ダントツの一位となっています。

  • 嫌いな人、苦手な人がいる
  • 上司にパワハラを受けている
  • 社内でいじめがある
  • 同じチームの人とそりが合わない

このようなものも人間関係の悩みに含まれます。

仕事というものはどうしても他者との関わりが発生します。
どんなに仕事内容が好きでも、気が合わない同僚や理不尽に怒鳴る上司などがいると台無しです。
毎日顔を合わせるのがストレスになり、結果仕事へのモチベーションも下がってしまいます。

朝起きるのがつらい、通勤がつらい

仕事には決まった就業時間があるので、毎日決まった時間に起きて出勤しなければなりません。

  • 朝が苦手
  • 昨日夜更かししてしまった
  • 寒くて布団から出たくない
  • 夏・冬の気候がつらく外に出たくない

朝が苦手な人にとっては自分が満足いくまで寝られないのはつらいものです。
また、夏や冬の気候が厳しい時期は快適な家からわざわざ過酷な屋外に出て仕事に行くというのはとても気が重くなりますよね。

そして会社に行くのは通勤もセットで考えなければならず、満員電車にぎゅうぎゅうづめで揺られたり、車通勤でも朝は大渋滞。
通勤状況も非常にストレスのもととなり、会社に行く気力をそいで来るようです。

やりたくない仕事、苦手な仕事が控えている

会社に行ったらやりたくない仕事や苦手な業務が待っていると思うと「行きたくない」という気持ちが沸いてしまいます。

  • 苦手な取引先との打ち合わせ
  • 大きなプロジェクトのプレゼン
  • 面倒で後回しにしていた仕事の締め切りが近い
  • 怖い上司との面談
  • ミスをしたことに謝罪をしなければならない

自らつらい状況に向かわなければならないのはとても憂鬱な気持ちになります。
具体的に嫌な理由がわかりやすいので、それさえ乗り切れれば…という一時的なものではありますが、気が向かないのに変わりはありません。

仕事が忙しい、繁忙期で激務

会社に行けば激務なのが確定している時も「このまま休めたらいいのに」と出社に対してネガティブな気持ちになります。

  • 出社したら長時間残業になることが目に見えている
  • 繁忙期で毎日激務
  • 納期が近い仕事に追われている
  • 請け負っているプロジェクトが終わりが見えない状態

「今日も疲れるんだろうな」「帰りは何時になるんだろう…」そんな思いを抱えながら仕事に向かうのは出社前から気が滅入ります。

やる気が起きない

特にこれといった具体的な理由はなくともやる気が起きない日はあります。

 

もう全てに対して面倒くさくなり、「このまま一日ベッドで過ごしたい」「休んで何処かへ出かけたい」と頭の中で現実逃避してしまう朝もあるでしょう。
そんな気分から仕事に気持ちを持っていくのは大変です。

モチベーションを上げるための何かがないと、なかなか気合いを入れることは難しいかもしれません。

疲れが取れない

1日の終わりにはしっかりと上質な睡眠をとり、次の日もスッキリと起きて元気いっぱい仕事へ!
それができれば良いのですが、実際は理想論であり毎日疲れなく出社できる人はほとんどいません。

  • 残業続きで睡眠不足
  • 夜になると不安に襲われぐっすり眠れない
  • デスク作業ばかりで体が固まって痛い
  • 飲み会が多く毎朝ぐったり

疲れというものはなかなか取り切ることが難しく、うまく休息を挟まないとどんどんと蓄積していってしまいます。
寝起きから疲れを感じる場合は、体が悲鳴を上げている証拠です。

仕事にやりがいがない、つまらない

仕事にやりがいが見出せないのも、会社に行きたくなくなる理由としてよく挙げられます。
特に単調なルーチンワークばかりが続くと、「これって本当に自分がやる必要があるの?」と仕事内容自体に疑問を抱いてしまうことも。

また、自分なりに一生懸命頑張っているのに、なかなかそれを上司や会社から評価してもらえないというのも「つまらない」と感じてしまう原因です。

モチベーションは「人の役に立っている」「成果を出して、それを正当に評価されている」という実感によって保たれる部分も大きく、仕事にやりがいがなければ退屈で苦痛なものになってしまいます

体調が悪い

朝起きて体調が芳しくないと、「今日は休みたいな」と思いますよね。
しかし、高熱が出ていたり、寝込むほどの具合の悪さであれば「病院に行って今日は休みます」と堂々と言えるのですが、それほどでもない場合は我慢をして出社する人が多いです。

「周りに迷惑がかかる」「仕事の引き継ぎができていない」と、急に休むことへの罪悪感やプレッシャーから、多少の体調不良であれば無理やり仕事をするというのは真面目で勤勉な姿勢と言える反面、自分の体に大きな負担をかけ続けてしまうことにもなります。

もし他人に感染する様な疾患だった場合は逆に迷惑をかけてしまう可能性もあるので、体調不良の時は無理せず休むというのも正しい判断だと言えるでしょう。


大切なのは気持ちの切り替え!仕事に行きたくない日の対処法

仕事に行きたくないと感じる理由について紹介してきました。
共感できるものもいくつかあったのではないでしょうか。

しかし、「今日は行きたくない!」と思いながら毎日出社を続けるのはストレスがずっとかかっている状態になりよくありませんよね。

それでは、「会社行きたくない!」とネガティブになった時に、どうやって仕事へ気持ちを切り替えるか対処法をいくつかご紹介していきましょう。

朝、一旦仕事のことを置いてリフレッシュをする

最も仕事に行きたくないタイミングは「朝起きた時」でしょう。
起きた瞬間から仕事のことで頭がいっぱいになり、「行きたくない」という気持ちでどんよりと気分も重くなったままだとさらに出勤が憂鬱になってしまいます。

そこでおすすめなのが、一旦頭の中から仕事のことを取り除き、リフレッシュをしてみるという方法です。
一瞬でも仕事のことを忘れる時間を作るとスッキリとした気持ちになって、逆に仕事へのスイッチが入りやすくなります

朝の忙しい時間でもできる簡単なリフレッシュ方法はこの様なものがあります。

  • ストレッチや体操、簡単な筋トレ
  • 朝食に熱いコーヒーを飲む
  • 目覚ましに好きな音楽をかける
  • カーテンを開いて太陽光を浴びる
  • 植物、ペットのお世話をする
  • エナジードリンク、スムージーなどを飲む
  • 通勤時の道を変えてみる

特に太陽の光を浴びることは、体内時計を正常化する効果があります。
朝起きたら眠くてもまずカーテンを開けてみましょう。

早めに起きて家を出てみる

仕事に行くのが憂鬱だと、どうしても出社時間ギリギリまで家にいてしまいがちです。
しかし、その結果通勤時間に余裕がなく慌ててしまい、余計に疲れることになるかも。
そしていつもと変わらぬ通勤風景もまた仕事へのモチベーションを下げる原因になっている可能性もあります。

前日からもう仕事に行きたくないと思い始めていたら、思い切っていつもより30分ほど早く起き、家から出てみましょう。
いつもと違う通勤風景のなか出かけることで、新鮮な気持ちで会社に向かえます。
そして時間にも余裕があるため、カフェでコーヒーを飲んだり、コンビニに行ってみたりとちょっとした寄り道も楽しめるというのもメリットです。

会社についても始業時間までまだゆとりがあり、落ち着いてメールチェックや仕事の準備を進めることができます。

ご褒美やお楽しみを設定する

やはり人は頑張ったからには何か見返りが欲しくなるものです。
苦手な業務や、緊張するプレゼンなどプレッシャーがかかる仕事がある日は、何か自分にご褒美を設けて気分を高めてみてはどうでしょうか。

 

また、特にイベントはなくともどうにも仕事に気が向かない時は「今日仕事に行ったからえらい!」というものでも構いません。
とにかく、頑張ったことに対して何か自分を喜ばせることをしてみましょう

  • 帰りに美味しいものを買う
  • お気に入りのお店でご飯を食べて帰る
  • 欲しい服を買う
  • 新しいコスメを買う
  • 美容院、ネイルサロン、エステに行く
  • 気になっていた映画を見に行く
  • ライブやコンサートに行く
  • 旅行に行く

その日その日で美味しいスイーツなどの小さなご褒美を用意してもいいですし、「この仕事が終わったら」と旅行などの大きなプレゼントを設定するのも良いですね。

今日やる分の仕事量をしっかり区切ってみる

「今日はここまでやったら帰る」という線引きはとても大切です。
それがないと、なんとなく周りが残業している空気に飲まれてだらだらと働き続け、帰りが遅くなり余計に自分を疲れさせてしまいます。

多すぎる仕事量は体だけでなく心にも大きな負担をかけてしまいます。
忙しい時期は仕方ないですが、ある程度仕事量をコントロールできる時期、疲れている時は少し量をセーブしてしっかり定時に帰るようにしてみましょう。

仕事の量を調整するには、その仕事の全貌を理解して進捗を管理するのがコツです。
自分で作業工程表のような進捗が見えやすい表を作成すると、仕事量の調整や無駄な業務を省いた効率化ができるようになりますのでおすすめです。

積極的に上司や同僚とコミュニケーションをとってみる

苦手だなと感じている上司や同僚も、もしかしたら自分から壁を作ってしまっているだけかもしれません。
勇気を出してコミュニケーションをとってみることで、わだかまりが溶けて人間関係が改善するケースもあります。

  • ランチに誘ってみる、参加してみる
  • 仕事の話の際にちょっとだけ世間話を挟んでみる
  • 気持ちよく挨拶をする
  • 相手の何かを褒めてみる
  • 会社の飲み会に参加する

コミュニケーションを重ねることで、お互いの壁がなくなれば仕事もスムーズに回るようになります

規則正しい生活リズムを作ってみる

朝仕事に行きたくないのは、生活リズムが悪く寝起きにだるさが取れないからかもしれません。

ついつい夜中までスマホをいじったり、だらだらとテレビを見ながらお酒を飲んだりしていると次の日がつらくなるのは当たり前です。
また、休日はずっと寝て過ごすというのも実は生活リズムを狂わせる大きな原因にもなります。

おやすみの日も含めて、起床・就寝時間や食事の時間などを一定化していくと、朝起きることが楽になって行きます。
たまに夜更かしや寝坊をするのは良いですが、基本のリズムを作って昼間に元気に動ける体づくりをしてみましょう

仕事について上司に相談してみる

仕事の内容が合わない、つまらない、やりがいがないと感じることが多ければ、上司に正直に相談してみましょう。
現状打破の解決策を一緒に考えて、何か提案してくれるかもしれません。

また上司はあなたよりも長く仕事をしているわけですから、同じようなことを感じた過去がある可能性もあります。
その場合は自分がどのように乗り越えてきたか経験談を聞いてみるのもいいですね。

上司との関係性がよくなることで、やりたい仕事を回してもらえるというメリットもあります。


たまには休息も大切!上手に会社を休むコツ

対処法についていくつかご紹介しましたが、色々試してもどうにも気持ちが上がらない日もあるでしょう。

そんな時は会社を休んでしっかりと心身を休息させることも大切です。
1日休むことで、仕事へのモチベーションだけでなくパフォーマンス向上も期待できます。

ただ、「体調も悪くないのに休んでいいの?」と不安になる方も多いでしょう。
ここでは、後々に影響なく上手に会社を休む方法について解説します。

有給休暇は自由に使う権利がある!

まず、大前提として会社員が仕事を休む時は有給休暇を利用することになります。
この有給休暇ですが、規定の年月働けば与えられる休暇であり、労働者はそれを自由に使う権利があるのです。

つまり、有給休暇を持っている人は、自分の好きなタイミング、好きな理由で使うことができます。
そしてそれを会社は原則拒否することはできません。

 

規則的には仕事はもっとフランクに休めるものだと思って大丈夫です。

お休みの理由は「体調不良」でOK

とはいえ、「なんとなく仕事行きたくないので休みます」とはいきません。
休む連絡を入れる際には「体調不良」と伝えれば、問題なく承認してもらえるでしょう。

逆に色々と理由を作り込んでしまうと、後から聞かれた時にボロが出てしまったりします。
1日休む程度の体調不良であれば、上司や同僚にそんなに突っ込んだ質問をされることはないので、シンプルな理由で通しましょう。

もし上司から詳しく何か聞かれそうであれば、プラス1で「頭痛」「腹痛」「熱が出た」などの症状を伝えればそれ以上は深く詮索されることはないはずです。

「仮病は使いにくい」と思っても、それで日々無理をして頑張りすぎると本当に体を壊してしまいます
今日はもう限界だから休みたい!と思ったら、我慢せず休息をとりましょう。


気持ちが重い日が続いたら…それは心がSOSを出しているのかも

前項で疲れた時には休息をとることをお勧めしましたが、1日有休を使って休んでも全く気持ちが楽にならない…というケースはどう対処すべきでしょうか。

普段の健康状態なのに、気持ちはずっと重いまま仕事に行くのが毎日つらくて仕方ない…それが2週間以上の長期にわたって続くようであれば、かなりうつ状態に入っていると言えます。
何も改善せずにその生活を続けてしまうと、状況はより悪化しうつ病をはじめとした精神疾患に罹患する可能性も出てきます。

下記に厚生労働省が出している「うつ状態で一般的にみられる症状」を挙げます。

1) 自分で感じる症状
憂うつ、気分が重い、気分が沈む、悲しい、不安である、
イライラする、元気がない、集中力がない、好きなこともやりたくない、
細かいことが気になる、悪いことをしたように感じて自分を責める、
物事を悪い方へ考える、死にたくなる、眠れない
2) 周囲から見てわかる症状
表情が暗い、涙もろい、反応が遅い、落ち着かない、飲酒量が増える
3) 体に出る症状
食欲がない、体がだるい、疲れやすい、性欲がない、頭痛、肩こり、
動悸、胃の不快感、便秘がち、めまい、口が渇く

引用:厚生労働省 みんなのメンタルヘルス 「うつ病とは」

自分でチェックしてみてこの症状に思い当たる節が多ければ、早めに心療内科やメンタルクリニックを受診しましょう。

身体的な不調と違い、精神面のSOSはつい我慢したり見逃したりしがちですが、一度精神疾患を悪化させると何年〜何十年も治療に時間がかかるほどの事態に発展します。

ぜひ、心のSOSに気づいたら早い対策で悪化を防ぎましょう


解決できないつらさなら、思い切って転職も視野に

色々対策方法はあれど、何を試しても根本的解決が見込めない…そんな会社の場合は、いっそ転職してリスタートを切ることを検討しても良いかもしれません。

仕事も人間関係も一度たちきり新たな状況に自分をおき、心機一転モチベーションを高めて仕事に向き合うチャンスとも言えます。

特に業務内容や会社の社風などが合わずにストレスを感じている人は転職が有効な手段になります。
ただ、焦って退職や転職をすると後から後悔することになりかねないので、精神的に落ち着いている時に冷静に判断するということだけ気をつけてください。

また、なかなか自分だけでは決断が難しい時は、家族や友人など近しい人に相談して第三者の意見を聞いてみるのも良いですね。

仕事を辞めたくても辞められない時は退職代行を使おう

いざ仕事を辞める決心をしても、退職がなかなかうまくいかないこともあります。

  • 自分で言い出す勇気がない
  • 直接上司に申し出をしたくない
  • 出社したり会社と連絡をとりたくない
  • 辞めたいといったが執拗な引き留めにあっている
  • 退職の意思を伝えたらパワハラやいじめが悪化した

特に精神的に追い詰められている場合は退職の申し出がさらにストレスとなってしまうことも考えられます。

そんな場合は退職代行の利用を考えてみてください
退職代行であれば、会社に直接退職を伝えたり、手続きで連絡をとったりすることなくほとんどの場合即日退社できます。

業者が介入することで会社もあっさりと退職を認めるケースも多いので、引き留めに困っている時にも退職代行は有効です。

退職代行が気になる、利用を検討している人は、こちらの記事に利用の流れについてまとめていますのでぜひ一度読んでみてください。
退職代行サービスの仕組み・流れ・使い方【申し込みから退職完了・利用後の手順を解説】


まとめ:会社が憂鬱な時は気持ちの切り替えがポイントに!対処法を活用してモチベーションを高めよう

会社に行きたくない気持ちが強い日の対処法について解説してきました。
ご自身に合う解決方法は見つかりましたでしょうか。

憂鬱な気持ちは、ちょっとした工夫でガラッと切り替えることができます。
自分にあったリフレッシュ方法や、モチベーションを高める方法を見つけて気が乗らない日も乗り切りましょう。

ただ、「精神的に参っている」という時は無理をする必要はありません。
どうしても仕事に気持ちが向かないという日は休みをとるというのも必要なことです。
心身への強いストレスを感じたら、できるだけ早めにしっかりと休息を取る日を設けてください。

人気の退職代行サービス業者はコチラ
人気№1の退職代行⇒SARABA(サラバ)
退職代行_saraba(さらば) SARABAは、労働組合が運営する退職代行。 有給や退職金の交渉も可能、激安・格安25,000円(税込)!!

詳細・解説【口コミ・評判】 無料相談・お申込みはコチラ


退職代行業者の人気おすすめランキング
日本国内全ての退職代行業者を比較した格付けランキングを掲載中。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事