仕事が楽しくない!!会社・職場が退屈でつまらないと感じる理由や原因と対処方法

仕事がつまらなくて出社が苦痛!そんな気持ちを切り替える方法

目次

仕事は生活に直結することで、人生においても非常に多くの時間を割く大切なものです。
給料で生活に潤いをもたらすだけでなく、仕事によって得られる達成感や充実感は日々にハリをもたらしてくれます。

しかし、その仕事が「つまらない」と感じてしまうとどうでしょうか。
毎日の業務に苦痛を抱えつつも「でも辞めるわけには行かないし」というジレンマに陥ります。
「辞めたくても辞められない」というのはとてもストレスになるものです。

できれば「楽しい」「やりがいがある」と思いながら日々の仕事をこなしていきたいですよね。

今回は仕事や職場をつまらない、退屈だと感じている人がどのようにそれを乗り越えていくか、効果的な対処法をご紹介します。
一度つまらないと思ってしまうと、なかなか気持ちの浮上は難しいです。
今の仕事状況をどうにかしたい!と思っている方はぜひ参考にしてみてください。

【当サイトおすすめ!!】今すぐ退職代行を使いたい方⇒人気№1のSARABAへ
人気№1の退職代行業者は、SARABA(サラバ)
退職代行_saraba_HP_FV20201225 SARABAは、労働組合が運営する退職代行。 有給や退職金の交渉も可能、激安・格安25,000円(税込)!!

詳細・解説【口コミ・評判】 無料相談・お申込みはコチラ



仕事をつまらないと感じている社会人はどのくらいいるのか

「仕事がつまらなくて悩んでいるのは自分だけでは?」と不安になる方もいるでしょう。
しかし、心配することはありません。

リクルートが提供する就職ジャーナルの調査、「【社会人1000人の本音】働くのは楽しい?働く意味・理由は?」によると、実に全体の36.5%もの人が仕事をつまらないと回答しています。
およそ3人に1人と非常に高い割合です

この結果からもわかるように、仕事がつまらないという人は決して珍しくないのです。
口に出さないだけで、あなたの周りの人の中にも同じ悩みを持った人が何人もいるかもしれません。

ただ、逆に楽しいと答えた人の割合を見ると全体の47.8%と半数近くにのぼっています。
仕事に楽しみや充実感を見出している人たちもたくさんいることを考えると、何かしらの改善を行えば自分もそちら側に行けるかもしれません。

そのためには、なぜ仕事や職場をつまらないと感じるのか、その理由や原因を突き止めることが必要です。


仕事や職場がつまらないと思う理由とは?

それでは、どんな状況になると仕事がつまらないと感じるのか、一般的によく言われる理由について紹介していきます。

自分に当てはまるものがあるかチェックしながら読んでみてください。

仕事が単調で変化がない

ルーチンワークは慣れてくると自然と体が動くようになり、効率もアップしていきます。
あまり考えずともどんどんと仕事を進めることができるので、向いている人にとっては非常にやりやすい業務タイプと言えます。

しかし、ルーチンワークのデメリットは同じことの繰り返しなので非常に単調であり、飽きてくるということです。
どんなに楽な仕事でも、退屈と感じてしまえば毎日の業務も苦痛になっていくでしょう。

失敗も少なく、怒られたり何か大きな損害を出すリスクが少ない反面、刺激のなさが嫌になってしまう人も多いようです。

給与面が満足できない

働くということは給料が発生します。
給料をもらうことが一つ大きな目的であり、給料や賞与が「自分が働いている」「評価されている」ということの証にもなります。

しかし、どんなに頑張っても給与という形で恩恵がないとどう感じるでしょうか。
思ったような評価をされていないということはモチベーションの低下に直結します
「会社のために働いても、結局会社は自分のことなど正当に評価する気がない」と思えば、頑張ることも馬鹿らしくなってしまいますよね。

また、「貯金して旅行したい」「お金を稼いで良い家に住みたい」などの目標があっても元々の給料が少ないとなかなか達成が難しく、「何のために働いているんだ」とやる気を失うというケースもあります。

人間関係が悪い

離職理由の上位に必ず入ってくる「人間関係」の問題。
実は業務内容や給与などよりも仕事を辞めたい原因としてあげる人が多いのです。

会社は1人だけの力で動くのではなくチームで協力する必要があります。
チームワークが良い職場は、社員がお互いのことを尊重しつつ「みんなで達成しよう」という協力体制がしっかり出来上がります。

しかし、人間関係が悪くお互いちゃんとコミュニケーションも取らない職場は、手柄の取り合いや足の引っ張り合いが起きることも。
さらには標的を決めていじめやハラスメントに発展するともう最悪です。

みんなで動いているという実感がない職場は雰囲気も悪く、出社するのが憂鬱になるほどの状況もありえるでしょう。

忙しく、プライベートの時間が取れない

しっかり働いて、プライベートの時間は思いっきりリフレッシュするというのが理想の働き方です。
仕事が忙しくても、オンオフの切り替えができれば仕事は仕事と割り切って頑張ることができるでしょう。

しかし、業務量が多かったり常に人手不足で忙しい職場の場合は、毎日遅くまで残業したり休日返上で働かなければ仕事が回らないという事態が起こります。
そのせいで家には寝に帰るだけというような非常にストレスがたまる状況にもかかわらず、リフレッシュする時間もないという負のスパイラルに陥ります。

どんなに仕事好きな人であっても、自分の時間が思うように取れないのはやる気を失う原因となります。
プライベートを楽しめてこそ、仕事の楽しさも感じることができるのです。

仕事の内容が自分に向いていない

業務の内容が自分に合っていないという場合は、仕事をすること自体がストレスになってしまいます。
また、苦手な仕事はどんなに努力しても周りの人よりうまく結果が出せません。

上司も「この仕事は苦手そうだな」と感じたら他の得意な人に割り振るようになってしまい、結果最初に挙げたような単調なルーチンワークばかり回ってきてしまうという可能性も。

思うように仕事ができないというのは心にも体にも負荷がかかります
毎日「今日もつまらないな」と感じ、仕事に行くこと自体も苦痛に感じるようになってしまいます。

仕事の目標がない、高すぎる目標を立ててしまっている

人はゴールがあるからこそ頑張れるものです。
仕事に関してもそれと同じで、明確な目標があるからこそ、それに向かって努力ができます。

目標がなく、毎日惰性で出社して作業を繰り返しているようでは、すぐつまらないと感じるようになっってしまうでしょう。

元々ちゃんと目標があって入社した人でも、会社の性質や周りの人間関係によって目標を見失い、仕事に対して無気力になってしまうというケースも多くみられます。

また、逆に達成が難しいほどの高い目標を立ててしまうのも、ゴールが見えずにモチベーションを下げてしまう原因になります。


仕事が退屈な時はどうすべき?試したい対処法をご紹介

仕事がつまらないと感じる原因についていくつかご紹介しました。
つまらない原因を見つけ出したら、そのままにしておいてはいけません。
勝手に状況が改善することを期待して待っているだけでは、また「つまらない」と感じる日々が続くだけです。

上司や会社に直接相談する

会社への不満や疑問はそのままにせず、勇気を出して上司なり会社の担当窓口に直談判してみましょう。

  • 給与、労働時間への不満
  • 評価体制への疑問
  • 仕事内容についての相談
  • 部署の異動希望

会社は従業員が気持ちよく働けるように努力すべきです。
よって、不満や疑問点を相談することは何も不思議なことではありませんし、遠慮する必要もありません。

業務内容が自分に合わないと感じていたら、上司に正直にその旨を告げて担当を変えてもらったり、興味のある部署への異動を検討したりと様々な解決方法があります。
「つまらない」から諦めるのではなく、自分から「つまらなくない」場所を作れるよう動くことが大切です。

自分から仕事を見つけてみる

単調なルーチンワークに飽き飽きしてしまった人は、モチベーションの低さから身の回りにある他の仕事を見逃してしまっているかもしれません。

一度冷静になって周りを見渡すと、自分の力が生かせたり新鮮な気持ちで取り組める業務がある可能性があります。
例えば身近な人が何か業務で詰まって困っていたりしないでしょうか?
そういった人を自分から手伝うことで、憂鬱なルーチンから解放されるケースはいくらでもあります。

アンテナを張るために、上司や同僚と積極的にコミュニケーションを取るのも有効です。
人間関係も改善され、一石二鳥ですね。

周りとコミュニケーションをとってみる

上司が怖い、苦手な人がいるという理由で、周りとのコミュニケーションを諦めてしまっていませんか?
もしかしたら、自分が作った壁のせいで人間関係が悪くなっている、悪く感じているだけかもしれません。

業務の話をする時にちょっとだけ世間話を挟んでみたり、同僚のランチに同席してみたり、会社の飲み会に参加してみたりと人とコミュニケーションを取るチャンスはいくらでも転がっています。

苦手だなと思っていた人も、喋ってみたら意外と話しやすいということが分かったり、同じ趣味を持つ人が見つかったりと意外な発見もあります。

仕事は思い切り集中、退勤後は思い切りリフレッシュを心がける

毎日残業したり、休みの日も仕事を持ち帰ったりする人の中には、オンオフの切り替えが苦手でだらだらと仕事をしてしまうというタイプもいます。
「どうせ残業だし」という意識から仕事の区切りを付けずに作業してしまい、結果効率も悪くプライベートの時間も減ってしまいます。

  • ○時までに終わらせる
  • ここまでやったら今日は終わりにする
  • この仕事は明日に回す

といったように、具体的に仕事の区切りを設定して、決めたところまで進めたらそれ以上他に手をつけずに終わりにしてみましょう。
そして退勤後は仕事のことをあまり考えすぎず、自分の時間としてしっかりとリフレッシュすることを意識します。

最初はソワソワしてしまうかもしれませんが、きっちりと仕事の進捗を管理する癖がつくと効率もアップし、余った時間をプライベートで自由に使えます

些細なことでもいいので目標設定をする

目標を達成することはモチベーションを高める近道です。
目標を立てるのが苦手な人も、些細なことからでいいので設定するところから始めましょう。

例えば「今週中にここまで終わらせる」「今日中にこのデータ入力を完了する」という具体的かつ達成可能なもので構いません。
小さな目標でも、達成を繰り返すことで自信につながっていきます。

また、逆に高すぎる目標を掲げがちな人は一度ハードルをぐんと下げて挑戦してみましょう。

もし、自分の目標設定が適正か判断しにくい時は、上司に相談してみるのも良い手段です。
普段から部下を見ている上司なら、能力を加味して最適なラインを見極めてくれるはずです。

全てが楽しいという仕事は存在しない

大前提として、仕事というものはどんなに好きな業務内容でどんなに素晴らしい会社にいたとしても、時に「つまらない」「充実していない」というタイミングは必ずあります。

誰でも仕事に対する悩みは多少なりとも持っているものです。

全体を見ると「仕事が楽しい」と思えることが大切であり、ただ一面だけを見てつまらない、憂鬱だと思い込んでしまうのは良くありませんね。

楽しいと思える側面を探す努力も必要ということです。


どんなにつまらなくてもこれはNG!とってはいけない行動

チャレンジできそうな解決策は見つかったでしょうか。
自分から動くということがまず大切だということがお分かりいただけたと思います。

ここでは逆に仕事がつまらない時に取るべきではない行動、態度について解説します。
思い当たる節があれば、いますぐに辞めて前項の対処法を試す方に移行してください。

かげで愚痴や悪口を言うだけ

仕事や会社のつまらなさに辟易しても、悪口や愚痴ばかりこぼすのは良くありません。
悪いことばかり口にしていると、必要以上に物事をネガティブに捉えるようになってしまいます。
また、それを言い続けたところで何も解決しないのでぐちぐち言う時間がもったいないです。

それに、悪口や愚痴はどこで誰が聞いているか分かりません。
上司や同僚を悪く言ったことが広まって人間関係をさらに悪化させる原因にもなりかねます。
いいことはほとんどありませんので、辞めておきましょう。

つまらないからと、なんとなく転職してしまう

後ほど詳しく解説しますが、仕事がつまらなかったりやりがいがないと言う理由で転職するのはもちろん手段としてありです。

しかし、つまらないと言う感情をちゃんと分析せず、なんとなくで転職するのは感心しません。
そのような軽いスタンスで仕事を変えてしまうと、次の会社でもまた同じことを繰り返してしまうかもしれないからです。

転職を考えるにしても、きちんと現状の不満の原因を突き止め、解決策を試してからにしましょう。

状況改善をせずに無理やり働き続ける

  • 「どうせ変わらない」と、今のつまらない環境を変えることを諦めている
  • 自分で行動を起こす勇気がなく今の状況に甘んじている
  • 何も改善していないが無理やりポジティブになろうとしている

これでは、状況も好転しない上にさらにストレスを抱え続けてしまいます。
つまらないと思いながら無理やり働くのは、ストレスが増えていく一方で何もメリットはありません。

自分の心をごまかして負荷をかけ続けると、いずれ精神的に参ってしまう時がきます。
うつ病をはじめとする精神疾患に罹患する可能性もありますので、無理をしている実感があるならばすぐにやめるべきです。


どうにも解決できない時は転職のタイミングかも

様々な対策をご紹介してきましたが、どれを試しても状況が良くなる兆しがなければ、そこからは「転職」が選択肢に加わります。

どう努力しても変わらないならば、それはもはや会社に大きな原因がありますし、そんな会社に対して大切な時間を使うのは無駄だと割り切りましょう。

会社選びは慎重に

前の項でなんとなくで転職することはすべきでないと説明したように、転職するのであれば次の職場選びは良く考えて行いましょう。

「内定がもらいやすそうなところでいいや」「仕事が楽そう」などと投げやりな気持ちで臨むと、結局また同じような状況に陥ったり、転職を後悔する羽目にもなります。

まずしっかり希望の会社について調べてから選考を進めることが大切です。
面談まで進んだら、転職先の社員と直接話す貴重なチャンスなので、気になることは遠慮なく確認するようにしましょう。
質問をすると言うことは「うちの会社に興味をしっかり持っているな」と面接官も感じるので心象も良くなります。

あと、内定が欲しいあまりに自分を偽って必要以上に良く見せようとしないと言うのも大事なポイントです。
猫を被った自分で採用を勝ち取っても、後々苦労するだけです。

退職〜転職をスムーズに進めたいなら退職代行も手

転職を決意しても、退職となると会社とトラブルになることもあります。
また、人間関係が悪い職場なら、なかなか直接上司に退職を申し出るのが難しいという状況もあるでしょう。

これ以上のストレスには耐えられず、できるだけスピーディーに辞めて次に行きたいということであれば、退職代行の利用を検討してもいいかもしれません。

退職代行であれば、上司に面と向かって退職の話をすることもなく即日退社も可能です。
さらに、業者によっては退職成功後の転職活動まで引き続き無料でサポートするサービスを提供しているところもあります。
転職活動は色々と不安が付きまとうものですが、そこもプロがサポートしてくれるとなると大きな安心を得られますね。

退職代行に興味があったり、利用を検討中という方はこちらの記事で利用時の流れなどを詳しく解説しています。
疑問点も解決できると思いますのでぜひ読んでみてください。
退職代行サービスの仕組み・流れ・使い方【申し込みから退職完了・利用後の手順を解説】


まとめ:つまらない仕事・会社はそのままにしない!状況を変えられないか努力してみよう

仕事がつまらないと悩んでいる方の対処法について、今回は解説を進めてきました。
結論を言うと、人任せ会社任せにしていても、「つまらない」と言う状況は変わらないと言うことです。

しかし、だからと言ってその状況を放置していると、さらに自分に大きなストレスをかけて首を絞める結果になってしまいます。

仕事環境というものは、自分から仕事を見つけてみたり、同僚とコミュニケーションを取ってみたり、ちょっとしたことで一気に改善に進むこともあります。
ご紹介したような解決策を参考に、自分に負担にならないところから努力を始めてみてください。

人気の退職代行サービス業者はコチラ
人気№1の退職代行⇒SARABA(サラバ)
退職代行_saraba(さらば) SARABAは、労働組合が運営する退職代行。 有給や退職金の交渉も可能、激安・格安25,000円(税込)!!

詳細・解説【口コミ・評判】 無料相談・お申込みはコチラ


退職代行業者の人気おすすめランキング
日本国内全ての退職代行業者を比較した格付けランキングを掲載中。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事