会社・仕事を辞めたい理由と辞められない理由【対処方法・解決策有り】

「仕事を辞めたい!」その理由は?「辞めたくても辞められない」場合の対処法も解説!

目次

忙しい業務に追われたり、職場の人間関係に悩んだりと、会社に行っているといろいろな辛いことも起こります。
そんな時「仕事を辞めたい」と思ったことは誰でも一度くらいはあるのではないでしょうか。

しかし、辞めたいと一言で言っても、その言葉の中には様々な思いがあるでしょう。

  • こんな理由で辞めてもいいの?
  • できれば辞めたい理由を解決してもう少しこの会社で頑張りたい
  • 辞めたいけれど引き留めに合いそうで言い出せない
  • 仕事は辛いけれど先々のことを考えると辞める勇気が出ない

退職の理由や原因は人それぞれだとはいえ、本当に自分の選択が正しいのかは不安になってしまうもの。
「本当に今辞めてしまっていいのか」と悩んでいるうちにどんどん時間も過ぎて、辞めどきを見失ってしまう…というケースも珍しくありません。
そうなると今度は「辞めたくても辞められない」という新しい悩みに直面してしまいます。

今回は、退職をした人たちの「離職理由」で多かったものをあげ、その解決方法を紹介していきます。
そして、「辞めることができない」悩みにもスポットを当て、辞めるべきタイミングでどのように行動を起こすべきなのかも解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

【当サイトおすすめ!!】今すぐ退職代行を使いたい方⇒人気№1のSARABAへ
人気№1の退職代行業者は、SARABA(サラバ)
退職代行_saraba_HP_FV20201225 SARABAは、労働組合が運営する退職代行。 有給や退職金の交渉も可能、激安・格安25,000円(税込)!!

詳細・解説【口コミ・評判】 無料相談・お申込みはコチラ



退職者は増加傾向!仕事を辞めたくて悩むのは珍しいことではない

本気で仕事を辞めたいほど追い詰められている時、「こんなに仕事(職場)が合わないなんて自分がダメなのでは…」と思ってしまうこともあります。
周りが普通に働いている中、なぜ自分だけ…と、ネガティブになってしまうのは仕方ないことです。

しかし、蓋を開けてみると世間的には近年退職者の数は増加傾向にあります。
厚生労働省の「2019 年(令和元年)雇用動向調査結果の概況」を見ると、日本全国の離職者数は平成30年度で約724万人、令和元年で約785万人でした。
これは全労働者数から見ると平成30年で14.6%、令和元年で15.6%と少ない数字でないことがわかります。

また、最近は新卒社員の離職率がニュースなどで話題になることも。
厚生労働省の「新規学卒就職者の離職状況(平成28年3月卒業者の状況)」では、大卒新規就職者の3年以内の離職率が32.0%という結果でした。
つまり新卒社員の3人に1人は3年以内には退職・転職をしているということになります。

これは実際に離職をした人の数値なので、「辞めたい」と思いながらも行動に移せていない人を含めると、かなりの人が会社や仕事に対して悩みを抱えているということがわかりますね。

「仕事を辞めたい」と考えてしまうことを後ろめたく思ったり悲観的になることはありません。
数値からも読み取れるほど誰もが持つ悩みであり、同じように退職を考えている人はすぐ隣にいるかもしれません。


退職決断の決め手は?退職者に多い「辞めたい理由」

では実際に退職した人たちは何を決め手に仕事を辞めることを決断したのでしょうか。

前項でも紹介した「2019 年(令和元年)雇用動向調査結果の概況」の離職理由の中で挙げている人の割合が多いものをご紹介します。

残業や休日出勤等の労働条件の悪さ

あまりにも多い残業や休日出勤など、休息が満足に取れないということは直接的に身体に影響を及ぼします。

実際厚生労働省の調査結果でも離職の理由として「労働時間・休日等の労働条件が悪かった」を挙げている人は、定年や契約期間満了を除けば男性11.2%、女性12.5%と最も多い割合になっています。

特に「ブラック企業」と呼ばれるような職場の場合、定時で帰ることが許されず毎日終電まで働くことが当たり前などというケースがあることも実際に報告されています。

いくら仕事が好きであっても、プライベートな時間がなくなるほどの労働時間となるとストレスの原因になるでしょう。

給与面の不満

給料の少なさを退職理由にあげる人も多いです。

仕事内容や労働時間に見合った賃金が支給されないとなると不満が募るのは当然です。
実際、お金の問題は生活に直結します。
あまりに給料が安いようでは日々の生活も成り立ちません。

給料を得るために仕事に時間を割いている訳ですから、それが正当に評価されていないと感じる給与では「もっといい条件で雇ってくれるところがあるはず」と自然と転職に目が向くようになります。

会社の将来性に不安

例えば会社が数年連続で赤字を出していると「今後大丈夫なのだろうか」と不安になります。
時間をかけて持ち直すというプランで会社が動いていたとしても、業績不振でボーナスカットや給与減額など実際に自分にダメージがあるとますます会社への不信感が募りますよね。

会社に陰りが見えたときに、「いっそ早めに見切りをつけて転職してしまおう」と考える人もいます。
数年後持ち直して経営がしっかりと軌道に乗る可能性はありますが、逆に再生できずに最悪倒産という未来も0%ではない訳です。

その結果がどうなるかは退職する時点ではわかりませんが、少なくとも会社と共倒れだけは避けたいという人が進んで転職に動く理由です。

職場の人間関係が好ましくない

同じ会社で長く働くには、仕事内容も大切ですが人間関係はかなり重要です。
どんなに仕事内容や待遇が良くても、いじめにあったり上司からパワハラ・セクハラを受けるようでは働き続けることはできません。

日々顔を合わせる社内の人たちと関係性が悪くなってしまうと、出社すること自体が大きなストレスになってしまいます。

うつ病などの精神的な疾病は人間関係が原因になることがあり、特に職場の人との関わりの中でうつ状態になってしまうケースは非常に多いです。
精神的な病になってしまうと、体が健康でもそれまでのように働くことが難しくなります。
そこまで病んでしまう前に退職するのは自分を守る手段の一つでもあります。

仕事内容が自分に合わなかった

仕事の実情は入社前の面談だけでは意外とわからないのもの。
いざ入社して働き始めてみたら、「聞いていたことと違う」「やりたかった仕事ではなかった」というギャップを感じることがあります。

思い描いていたものとの違いが大きければ大きいほど、「他の会社に行けばもっと理想に近い働き方ができるかも」と気持ちが揺らいでしまいます。

やりがいを持って働くのに「自分にぴったりな仕事」というのは大事なポイントの一つです。
理想を求めて退職を決意するというケースは、先の厚生労働省の調査結果によると男性10.2%、女性9.5%(令和元年、「仕事の内容に興味を持てなかった」「能力・個性・資格を生かせなかった」の合算)とおよそ10人に1人となっています。

家庭の事情

結婚・出産・育児を機に仕事を辞める人、また高齢の親の介護が必要になり退職する人もいます。
家庭の事情で退職という道を選ぶ人は男性1.5%、女性5.7%(令和元年、「結婚」「出産・育児」「介護・看護」の合算)と、女性の方が多い結果が出ています。

育児や介護などはどうしても時間や体力が取られてしまうので、フルタイムの仕事は特に続けるのが難しくなります。
辞めたくなくても辞めざるを得なかったというパターンも多少はありそうです。


辞めてしまう前に!退職前に試しておきたい対処法

退職者の理由は細かくみていくと多岐に渡りますが、大きくグループ分けすると「仕事・会社原因」「家庭の事情原因」に分けられます。

退職は止むを得ないという状況はもちろんありますし、「辞めてよかった!」という退職は良い結果として前向きに捉えるべきです。

しかし、中には「辞めるほどではなかったかも…」「勢いで退職しなければよかった」と後から後悔してしまうような事態も起こっています。

そこで試して欲しいのが下記のような会社を辞めたいと思った時の対処法です。
よほどの状況でなければ、対処法を試してからの判断でも遅くはないでしょう。

会社原因で辞めたいときの対処法

給料への不満

給与交渉をする

働きに対してしかるべき給与がもらえていないと上司に交渉を持ちかけることはできないでしょうか。

会社側があなたの貢献を認め、辞めて欲しくないと考えているのなら昇給交渉に応じてくれるでしょう。
また、いますぐ昇給ということにはいかなくても、そのための目標設定や先々の給与アップの目安などを提示してくれるかもしれません。

資格を取る・スキルアップをする

仕事上必要になる資格を取得してみるのも良い手段です。
資格が優遇される仕事の場合、取得すると資格手当てで月の給与が数万円アップすることも。

また、資格に拘らなくとも業務に関連するスキルをあげるのも有効ですね。
資格、そしてスキルは昇給交渉をする材料にもなります。

労働環境への不満(サービス残業、休日出勤など)

会社の窓口、労働組合などに相談する

あまりに長い拘束時間や多すぎる休日出勤は労働者の心身に負担をかけます。
体やメンタルを壊す前に相談を持ちかけるべきなのですが、直接上司には言いにくいかもしれません。

その場合は、会社の人事やコンプライアンス窓口に話をすると良いでしょう。

個人で会社を相手に取るのが不安な場合は社内の労働組合に相談すると会社に対して「団体交渉」を申し入れてくれることもあります。
労働者1人の声では動いてくれなくても、労働組合からの申し入れなら会社も交渉に応じてくれる可能性が上がります

自分の仕事を一度整理してみる

とにかくやることに追われていて仕事が終わらない…という場合、一度冷静に今自分が受け持っている仕事を整理してみましょう。
開けてみたら、自分がやるべき案件ではないものやもう手をつけなくてもいいようなものが混じっていて無駄に手数を増やしていることもあります。

たくさんの仕事を請け負っていると、それぞれの業務が混じり合って進捗などもわかりにくくなり効率が下がります。
自分のやるべき仕事を整理し見える化すると、仕事量が把握できるので時間配分や業務の割り振りがしやすくなります。
それによって作業効率が上がり、残業時間を減らせる可能性があります

仕事内容への不満

部署の異動をしてみる

仕事が面白くない、自分に合わない、やりたいことと違った…そんな理由だけで退職を考えている場合、すぐに辞めてしまうのはやや早計かもしれません。
ある程度の規模の会社であれば、様々な部署があり、それぞれ異なった仕事をしているはずです。
退職の前に一度周りの部署を見てみて、興味があれば異動願いを出してみるのはどうでしょうか。

異動して働いてみたら、実は自分にぴったりな仕事だった!ということもありえます。
また、人間関係も再構築できるので、元々の上司や同僚との関係に悩んでいた場合にも有効な手段です。

強い熱意があり、会社にアプローチができるのであれば、自分の案で新しい部署やプロジェクトが動き出すなんてこともあります。

仕事がつまらないと感じる理由を洗い出す

「仕事がつまらない」「やりがいがない」と感じている理由を考えてみましょう。
きちんと向かい合って考えてみると、意外とそのつまらないと感じている理由が漠然としていることもあります。
逆に冷静に仕事に対して向き合ってみたら「辞めるほどではないな」と思い直すきっかけになるかもしれません。

つまらない理由がはっきりするのであれば、その原因を取り除くことができるかも考えます。

根本的に仕事が合わないということでなければ、改善の余地はまだまだあるので退職せずに現状を変えられる可能性があります。

その仕事について日が浅い場合はこれから楽しさがわかるかも

新入社員によくあるのが「思っていた仕事と違った」という悩みです。
希望を持って就職したのに、自分が思い描いていた会社人生ではなかったら気持ちも落ち込んでしまいます。

しかし、まだ働き出して日が浅いのだとしたら焦って退職するのはもったいないかもしれません。
深く仕事にのめり込んだ時に魅力を感じるということも十分にありえます。

何か一つでも気持ちを惹きつけるものがあるのであれば、もう少しその部分を掘り下げるために働いてから判断しても遅くありません。

人間関係への不満

いじめやパワハラなどにあっている場合は会社の窓口へ

毎日顔を合わせる会社の人たちからいじめやパワハラにあっている場合、一度会社のしかるべき窓口に相談してみてはいかがでしょうか。

パワハラ上司に直接「辞めてください」と言っても効果は見込めませんが、社内機関から注意喚起があれば緩和される可能性があります。

ただ、部署一丸となっていじめやパワハラに加担している状況であれば、「会社に言いつけた」と逆に悪化することもあるので、状況をみて判断してください。

苦手な人とは距離をおく、部署異動も検討する

人それぞれ性格がある以上、苦手な人がいるのは仕方ないことです。
そういう人とはできるだけ関わらないようにするのが良いですが、同じ仕事をしていたり、席が近かったりするとどうしようもありませんよね。

しかし、その苦手な人だけのために仕事を辞めるのはリスクが大きすぎます

例えば、同じ部署内でも少し違う仕事に移らせてもらったり、席を離したりという変化で随分と気持ちが楽になることもあります。
あとは部署を思い切って変えるなど、リスクの低い変化で環境を変えてみてはいかがでしょうか。

家庭の事情で辞めたいときの対処法

家庭の事情で働く時間が取れなくなってしまって退職するのは仕方のないことです。

しかし、どうしても入りたかった会社ややりたかった仕事についているのに家庭の事情で諦めなければならない場合、辞めた後にモヤモヤと後悔が残ってしまうかも。

その場合、働き方を少し変えることで会社に残れないか相談してみてもいいですね。

  • 時短勤務
  • 在宅ワーク・リモートワーク
  • 転勤による勤務地の変更

会社によっては上記のような対応をしてくれることもあります。
もし自分自身の判断で「家庭の事情でもう働くことはできない」と決め付けてしまっているのであれば、退職も選択肢に入れた上で一度上司に掛け合ってみましょう。


「辞めたくても辞められない」はどうして起こる?

ご紹介したような対処法を試してみても状況が改善しない場合は退職した方が良いと判断してもいいでしょう。

しかし、辞めた方がいい状況であっても「辞められない」と悩みを抱える人も多いのです。

会社からの引き留めで辞められない

退職したいという意思を告げても会社から思いとどまるよう引き留められることがあります。

  • 人手不足
  • 繁忙期で忙しい
  • 必要な人材なので辞められたら困る
  • 辞めさせないという嫌がらせ的行動

どうしても人手が足りないなどの理由であれば期間を決め、辞める時期を後ろに延ばしても良いのですが、完全に私情で辞めさせないというパターンもあります。

特にブラック企業と言われるような会社であると、引き留めるなどという優しいものではなくもはや「脅迫」と言ってもいいほど圧力をかけてくることも。
怒鳴られたり罵倒されるのが怖くて、辞めることを言い出せないという状況を作り出すタイプの上司もいます。

金銭的不安があって辞められない

会社を辞めるということは、それまでもらっていた給料ももちろんストップしてしまいます。
しかし生活するにはどうしてもお金がかかるものです。
家賃や光熱費、食費など必ずかかってくる費用があり、さらに何かローンやクレジットカードの分割払いなどが重なってくると、給料が入らなくなるのは恐怖です。

辞めた後、すぐに良い仕事が決まって働き出せれば良いのですが、心身の健康上働けない時期があったり、転職活動に時間がかかるとその期間は収入が0になってしまいます。
それを考えると退職に思い切れないという人も少なくありません。

辞めたいと伝える勇気が出ない

単純に退職を上司に申し出る勇気がなく、辞める時期がずるずると延びてしまっているというパターン。
このケースは実際かなり多いと予想されます。

特に厳しい上司やパワハラ気質の上司など、退職を切り出しにくい相手だと尚更です。
面と向かって話をしたら、しつこく引き留めにあったり怒られたりするのではないかという不安から、どんどんと辞めるチャンスを逃してしまいます。

先延ばしにしている間に他の同僚がちゃっかり辞めてしまい、人手不足でさらに辞められなくなるという悪循環を起こしてしまうこともありえます。

転職が不安で辞められない

昔に比べて最近は転職が当たり前の時代になってきましたが、かと言って理想の会社に簡単に再就職できるわけではありません。
それに、期待して転職しても、もしかしたら今の会社のように自分に合わなかったり人間関係で悩むかもしれません。

転職に失敗するのなら辛くても現状維持の方がマシなのでは…と保身に走ってしまうといつまでも辞めることができません。


どうしても仕事を辞めたいときの解決策

「辞めたいけれど辞められない」。
そんな現状を打破するための解決策を紹介します。

直接言いにくければ電話やメールを利用する

直接上司に退職を言い出しにくくても、対面での会話でなければ言い出せるという人も多いです。

その場合は電話やメールで退職について切り出したり、相談を持ちかけてみてもいいですね。
退職は基本的には直接申し出るのがマナーとされているので、まずは最初の一歩として「退職を考えているので、一度お話するために時間を作って欲しい」と電話やメールなどでお伺いをたて、後日直接話すという流れを作るという手もあります。

失業保険制度を利用する

退職後の金銭面に不安がある場合、失業保険制度を活用するのが良いでしょう。

「自己都合退職」の場合は3ヶ月後、「会社都合退職」の場合は7日後から支給されます。
自分から会社を辞めた場合、3ヶ月後からの支給なので間は空いてしまいますが、90〜150日にわたって失業保険が受け取れます
支給までの間生活できる蓄えさえあれば、その後はしばらく安泰です。

受給期間など、基本情報はこちらから参照ください。

ハローワークインターネットサービス 「基本手当てについて」

自力での退職が難しければ退職代行サービスを利用しても

  • 自分で言い出すことができない
  • 退職を申し出たが、しつこく引き留められて辞められない
  • 辞めたら○○してやるなどと脅されている

上記のようななかなか自力で辞めることができないケースの場合は退職代行サービスの利用を検討しても良いでしょう。

退職代行を依頼すると、業者が会社との間に入って退職の意思を伝えたりその他の連絡事項を伝達してくれます。
実行されてしまえば、出社も不要ですし会社から連絡が来ることもなく、ほとんどの場合は即日退職に成功するという画期的なサービスです。

退職代行の費用はかかってしまいますが、どうしても辞めたいのに辞められないという時には非常に効果を発揮します。

退職代行に興味がある、利用を検討している方は、こちらの記事でサービスについて詳しく解説していますのでぜひ目を通してみてください。
退職代行サービスの仕組み・流れ・使い方【申し込みから退職完了・利用後の手順を解説】

退職代行なら転職サポートも受けられる

辞めた後の転職に不安を持っている人は、退職代行サービスの転職サポートを利用するのもおすすめです。

退職代行で辞めた後、担当が転職エージェントに引き継がれそのまま転職成功までサポートをしてくれます。

辞めたくても辞められないとグズグズ悩んでいるよりは、スパッと退職代行で会社を辞めて転職活動に移った方が後腐れなくスッキリと次に進めるでしょう。
「辞めて終わり」ではなく、転職活動もサポートのプロに見てもらえるなら安心です。


まとめ:どんな理由でも退職は労働者の権利!まずは焦らず解決策を試してみよう

退職者に多い退職理由をご紹介し、その状況解決策についても解説してきました。
基本的に、どんな理由であろうと退職は労働者の持つ権利であり、雇用主はそれを拒否することはできません。
「こんな理由で辞めてもいいのか」という悩みは一度取り払い、まずは自分を取り巻く仕事環境の改善を考えてみましょう。
解決策であっさりと職場や業務の環境が良くなり仕事を辞めずに済む場合もあります。

しかし、どうにも改善が見られなかったり、「辞めたい」という気持ちに変化がなかった場合は退職するタイミングです。
退職を決意したのであれば、迷わず前向きに次に進んでください。

もし「辞めたくても辞められない」というスパイラルに陥ってしまった場合も、焦らず冷静に対処すれば必ず道は開けます。
退職の伝え方を工夫してみたり、思い切って退職代行を利用するのも賢い手段かもしれません。

人気の退職代行サービス業者はコチラ
人気№1の退職代行⇒SARABA(サラバ)
退職代行_saraba(さらば) SARABAは、労働組合が運営する退職代行。 有給や退職金の交渉も可能、激安・格安25,000円(税込)!!

詳細・解説【口コミ・評判】 無料相談・お申込みはコチラ


退職代行業者の人気おすすめランキング
日本国内全ての退職代行業者を比較した格付けランキングを掲載中。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事