鬱病気味で精神的につらい・苦しいと感じたら退職代行【うつ病・統合失調症】

つらい・苦しい!!この会社から逃げ出したい…精神的に悩み・苦しむ人に退職代行という選択肢

目次

朝起きて「仕事に行きたくないなあ」と思うことは誰しも一度は経験があると思います。
それが「前日の疲れが残っていてだるい」ですとか、「昨日仕事をミスってしまって今日は怒られるだろう」というような一時的な理由であればすぐに解決できます。
しかし、「行きたくない」「辞めたい」という気持ちがずっと続き、そしてその思いが日に日に強くなっていく場合は少し危険です。

今やすっかり現代病の一つである「うつ病」。
「毎日気が沈んでいる」「仕事に行こうとすると体が動かない」「楽しいと思うことがなくなった」こんな症状が出始めたら、あなたもうつ病一歩手前かもしれません。
仕事や職場環境でうつ病をはじめとする精神的な病にかかる人は増加傾向にあります。
最悪の場合、生きていることが辛くなり死を選んでしまう…というケースも珍しくないのです。

命をかけてまで働き続ける価値は、その会社にはあるでしょうか?

「辞めたいけれど辞められない」という負のスパイラルに陥る前に、退職代行で即日退職するという方法もあります。

今回は、仕事や職場環境が辛く、鬱気味と感じた人にこそ退職代行がおすすめなわけを解説していきます。

【当サイトおすすめ!!】今すぐ退職代行を使いたい方⇒人気№1のSARABAへ
人気№1の退職代行業者は、SARABA(サラバ)
退職代行_saraba_HP_FV20201225 SARABAは、労働組合が運営する退職代行。 有給や退職金の交渉も可能、激安・格安25,000円(税込)!!

詳細・解説【口コミ・評判】 無料相談・お申込みはコチラ



その不調、鬱じゃない?仕事が原因の鬱や精神疾患はもはや社会問題に

厚生労働省による「自殺の状況」調査の結果によると、自殺者数は年々増加していましたが2010年以降少し減少の傾向がみられました。
しかし、注目したいのは「自殺の原因」。
自殺者の総数に対しての「勤務問題を原因・動機とする人の割合」は逆に上昇し続けており、平成29年度では9.3%とおよそ10人に一人が仕事や職場環境を苦にして死を選んでいるという結果になっています。

「たかが仕事で」と言える時代ではもうなく、今や仕事が原因のうつ病や精神疾患は社会的な問題です。

もしかしてうつ病?こんな症状があったら要注意

仕事関係で悩みを抱えていても、「自分は大丈夫」「うつ病なんて大袈裟」とうつ病や精神的な不調から目を背ける人も多く、気づいた時には治療が大変なほどに悪化していたというケースもよく見られます。
日本人は特に自分の不調や苦しさを無視して頑張ってしまう性質が強く、ある日突然ぷつりと糸が切れたように心が折れてしまうというパターンに陥りがちです。
一度、冷静に自分の体調や状況を見返してみましょう。

下記は厚生労働省がまとめた一般的なうつ病の症状の一部です。

  • 抑うつ気分(憂うつ、気分が重い)
  • 何をしても楽しくない、何にも興味がわかない
  • 疲れているのに眠れない、一日中ねむい、いつもよりかなり早く目覚める
  • イライラして、何かにせき立てられているようで落ち着かない
  • 悪いことをしたように感じて自分を責める、自分には価値がないと感じる
  • 思考力が落ちる
  • 死にたくなる
    引用:厚生労働省 みんなのメンタルヘルス

このような症状がほぼ絶え間なく一日中つづき、それが2週間を超えて継続するようであればうつ病の可能性が高いです。

統合失調症も仕事が原因で発症することがある

ストレスが原因で発症する精神的な病はうつ病だけではありません。
脳が様々な物事をうまくまとめることができなくなる「統合失調症」も有名な精神疾患です。
はっきりとした原因はわかっていませんが、大きなストレスが脳にかかり続けることが発症のきっかけになると言われています。

日本での統合失調症の患者数は約80万人といわれています。また、世界各国の報告をまとめると、生涯のうちに統合失調症を発症する人は全体の人口の0.7%と推計されます。100人に1人弱。決して少なくない数字です。それだけ、統合失調症は身近な病気ということができます。
引用:厚生労働省 みんなのメンタルヘルス

生涯の発症率が0.7%と決して他人事ではない数値です。
発症してしまうと、長期的な目で見て治療していかねばならない病気です。
仕事が原因と考えられるケースも多く、労働や職場環境でストレスを感じている人はうつ病とともに注意しなければなりません。


限界を超えて無理をし続けるとどんなリスクがある?

前項で記載したようなうつ病の症状や、その他精神的なつらさや苦しさを感じながらも「まだ大丈夫」と無理をして働き続けた場合、どんなことが起きるでしょうか。
うつ病をはじめとした精神疾患に罹患するというリスク以外にも、このような事態が起きて日常生活に支障をきたす可能性があります。

メンタル的な影響から仕事上のミスや不注意が増える

メンタルに著しい負担をかけた状態で働くと、ミスや不注意が増えていきます。
最初は些細なものでも、回数を重ねていくうちに大きなミスに繋がっていくことも。
また、ボーッと頭が働かない状態も多くなるため、普通なら起こすはずがない不注意の事故を起こす可能性も上がります。
書類やメール文面のミスといった小さなものから、運転中の事故といった危険なものまで、うつ状態であると起こしかねないのです。

人とコミュニケーションが取れなくなる

人はうつ状態になると、人との会話をはじめとするコミュニケーションが億劫になり他人を避けるようになります。
まずは職場の飲み会のようなお付き合いを欠席するようになり、徐々に仕事中のコミュニケーションすら円滑に行えなくなっていきます。
その結果コミュニケーション不足や連絡ミスによる仕事での失敗を起こしてしまうような事態も増えていきます。

遅刻や欠勤が増える

精神的に追い詰められてくると、仕事に行くことが健康な状態に比べてずっと重たく辛いものになっていきます。
出勤することを考えただけで体がだるくなり、休んでしまったり出勤時間になっても家を出られず遅刻を繰り返したりするようになったら要注意です。
欠勤や遅刻が増えればもちろん業務にも支障が出ます。
その結果会社から注意を受けたり上司から怒られたりすることにも繋がってしまい、ますます悪い循環になってしまいます。

無理をし続けるとますます状況悪化する可能性が高い

そもそも労働環境や人間関係が悪い中で体や心に負担をかけている時点で良い状況ではないのに、その中で無理をして働き続けることは決してプラスの結果を生みません。
ミスを連発したり、大事な時に欠勤したりという行動は自分をますます追い詰めてしまう上に会社からの心象も悪化してしまいます。

そして「もっとできるはずなのに」「ちゃんとがんばらなきゃ」と焦ることでもっと自分に負担をかけてしまい、どんどんと負のスパイラルにはまっていってしまうかもしれません。


逃げ出すのは悪じゃない!退職は労働者の権利

仕事で鬱気味な精神状態になってしまうのは、基本的に責任感が強く真面目な人が多いと言われています。

  • 仕事を投げ出すことができない
  • 人に迷惑をかけたくないと自分を犠牲にしてしまう
  • 辞めたいけれど逃げたと思われたくない
  • 仕事ができないことに必要以上に負い目を感じてしまう

このように、真面目な気質が災いして自分を追い詰めてしまうのです。

しかし、前項で解説したような、業務に支障をきたすほど自分に無理をかけて働き続けることは誰のためなのでしょうか?

職場を自由に選んで就職活動をしたように、退職することは労働者の権利として自由にできる行為です。
労働基準法第5条には「強制労働の禁止」が定められており、労働者を無理やり働かせたり、退職を希望しているのに拒否して辞めさせないといった行為は違法です。
「これ以上は働けない」と思ったら自由に辞めて良いのです。


引き留めや脅しが怖い…退職代行ならもう出社しなくてOK

ではいざ仕事を辞めると決めたとしても、すでに仕事で鬱気味になっている人にとっては様々な障害があるでしょう。

  • 仕事に行くことすら嫌なのに退職を言い出すなんて無理
  • しつこい引き留めにあったら断る勇気がない
  • 辞めるといったら上司に怒鳴られそう
  • 辞めることが決まった後も退社日まで仕事に行くのは周りの目が気になって辛い

このようなことが気になり、なかなか退職を言い出すことができずずるずる働き続けてしまう人はたくさんいます。

そんなタイプの人にこそ、退職代行はおすすめです。

自分で会社に退職を伝えなくて良い

退職代行は、業者が依頼者の退職を会社へ伝えます。
その他会社に伝えたいことがあれば伝言してくれるので、実行日になったらあとは業者にお任せで自分は会社と連絡を取る必要はありません。

直接言い出しにくい人や、上司と話すことが苦痛な人にとっては、退職の話を切り出すのが最もハードルが高いもの。
その部分を業者が全て担ってくれるのは気持ちが楽ですよね。

「業者が申し出た退職は無効にならないの?」という疑問もよく聞かれますが、それに関しても安心して任せて大丈夫です。
退職については民法第627条で下記のように規定されています。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
引用:e-Gov 民法

労働者が雇用主に退職を申し入れたら、その日から2週間後に雇用契約が自動的に終了するという内容です。
ここには「労働者本人に限る」といった規定は含まれていないので、業者が間に入ろうと、労働者本人の意思であればこの法律が適用されます。

出社せず即日退職できる

退職代行の大きなメリットの一つである「即日退社」。
退職代行の実行日からはもう会社に行く必要はありません。
ほとんどの場合、実行日から退職日までを有休消化で埋めたり、その場で会社の合意のもと退職が決定するので、依頼者本人が出社することなく終わります。

有給休暇を使いたいという希望もなかなか自分からは言い出しにくいものですが、それも業者が伝えてくれますので気楽に有休消化ができます。

退職代行を依頼してしまえば、もう怖い上司とも苦手な同僚とも顔を合わせることなく退社です。
会社側と連絡を取り合うこともないので、直接引き留めをされたり退職を責められることもありません。

最短で依頼したその日に実行も可能なスピード感

迷惑をかけまいとなんとか頑張ってきたけれど、ある日朝起きで「もうこんな仕事続けられない」と完全に心が拒否状態になってしまった。
そんな場合、当日でも退職代行は実行可能です。

多くの退職代行業者は24時間体制でメールやLINEでの問い合わせに対応しており、たとえ「今日これからお願いしたい」という緊急な依頼であっても対応できるように準備しています。
ほとんどの業者は前払い方式を導入しているので、担当者と打ち合わせ後依頼料を支払い、その入金が確認できればすぐに会社へ連絡してくれます。

精神的に無理をしている人は、ある日突然心の均衡が崩れてしまうこともあります。
そんな場合でも即動いてくれるのは安心ですね。


退職後の生活が心配…そんな時は失業保険や退職代行の転職サポートを活用

退職代行で仕事を辞めるとしても、その後の生活が心配で一歩踏み出せない人もいると思います。

特に退職後の「生活費」と「転職活動」に関しては不安に思う人が多いでしょう。
そんな時に活用したい制度やサービスをご紹介します。

失業保険を申請して一定の収入を得る

失業保険は退職で仕事が亡くなった人が一定期間受給できる給付金です。
仕事を辞めたあと、ハローワークで手続きをすることで受け取ることができます。

「失業した人が次の仕事を見つけるまでの支援」というのが目的の制度であり、受け取るには「再就職に向けて就職活動をしている」ことが条件です。
諸々手続きが必要になったり、受け取れる金額や期間に制約があったりしますが、当面の生活費として十分に支えになる制度です。

受給の条件や受け取ることができる金額や期間などは、前職の給与や退職理由など様々なものが関わってきます。

自分が失業保険を受け取る条件を備えているか、どのくらい受け取ることができるかはこちらのページを参考にしてみてください。
仕事が決まった場合、受給期間が残っていても失業保険は支給されなくなりますので、あくまで再就職までの繋ぎといった立ち位置ではありますが、体を休めつつゆっくりと就職活動を進められるのでありがたいですね。

ハローワークインターネットサービス「基本手当てについて」

転職するなら退職代行サービスの転職サポートを利用!

「鬱気味で仕事を辞めてしまった自分はうまく転職できるのだろうか…」
仕事での叱責や上司や同僚からのパワハラなどでメンタルを傷つけられ、自分にすっかり自信がなくなってしまったら、転職へ前向きになれないのは当たり前です。
それに、初めての転職であれば勝手も分からず、何から始めていいか分からないという人もいるでしょう。

そんな人にぴったりなのは退職代行業者の一部が提供している「転職サポート」のサービスです。

退職完了したら「はい終わり」ではなく、その後の転職活動も続けてプロがサポートしてくれます。
多くの業者はこちらのサービスを退職代行利用者には無料で提供しているので、気楽に申し込むことができます。

たとえどんなに心が元気であっても転職活動は決して簡単なものではありません。
精神的に疲れてしまって一人での転職活動が心細い時にも、大きな助けになってくれるでしょう。


まとめ:鬱病や統合失調症等、メンタル的にもつらくて苦しいならば無理はしなくていい!退職代行で身を守るという選択。

辛く苦しい仕事、劣悪な労働環境や職場の人間関係に我慢をし続けることは、いつか限界を迎えて自分自身の心や体を壊してしまいます。
うつ病や統合失調症など精神的な病気になってしまうと、それまでの元気な自分に戻ることはどんどん難しくなって行きます。
そうなる前に退職代行を利用してスパッと仕事から離れた方が、自分の身を守る行動として良い選択ではないでしょうか。

もうこれ以上無理はできない…そう思った時が一歩踏み出すタイミングです。
理不尽な仕事での悩みで自分の体や、その先の人生も壊してしまう前に退職する勇気を出してみてください。
退職代行はきっとそんなあなたにとって救いの一つになるでしょう。

人気の退職代行サービス業者はコチラ
人気№1の退職代行⇒SARABA(サラバ)
退職代行_saraba(さらば) SARABAは、労働組合が運営する退職代行。 有給や退職金の交渉も可能、激安・格安25,000円(税込)!!

詳細・解説【口コミ・評判】 無料相談・お申込みはコチラ


退職代行業者の人気おすすめランキング
日本国内全ての退職代行業者を比較した格付けランキングを掲載中。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事